2016年12月25日

Eメールニュース No. 71

Eメールニュース No. 71 2016年12月15日

12 月3・4 日清水町・帯広市での現地見学会 and シンポジウム 成功裏に終了

 12月3日は午後から清水町で(株)バイオファームの農産物貯蔵施設を見学。アイスシェルターの貯氷タンクの大きさに驚かされました。しかも氷がまだ浮かんでいるのです。清水町の冷熱の豊富さを再認識しました。さらに、「みな手造り」とのお話にも感動しました。帯広市内へ移動して鞄y谷特殊農機具製作所のアイスシェルターさらには完全無農薬の植物工場など見学。長年の着実な歩みを感じさせるものでした。次にコープさっぽろのメガソーラー見学。市街地に中国製の太陽パネルが静かに広がっていました。最後に自然氷利用カーリング場見学。土谷社長のお孫さんが練習に励む姿に,こころ温まる思いでした。案内者の皆様に感謝申し上げます。
 夜の懇親会は土谷社長の乾杯で始まり,大きく盛り上がりました。
 4日のシンポジウムは土谷富士夫(蓄大名誉教)先生,木村賢人(帯蓄大)先生,野坂卓見(エネコープ)前社長,藤本和徳(道立総合研究機構フェロー)氏より講演がありました。とても聞きごたえのある内容で,ぜひ会誌「北海道自然エネルギー研究」に掲載していただきたいものだと感じました。
 シンポジウム終了後,帯広畜産大学内および帯広農業高校内の凍土利用実験施設を見学。13:00 頃解散しました。環境モデル都市・帯広にふさわしい集まりとなりました。

12月27日(火) 「拡大理事会and 忘年会」ぜひ参加ください
 午後 4 時00 分〜 拡大理事会(会員ならどなたでも参加できます)
   会場;札幌エルプラザ
 午後 5 時00 分〜 忘年会(どなたでも参加できます)

posted by 事務局 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2016年12月13日

現地見学会 and シンポジウムを実施

○12月3・4 日(土・日)に帯広で現地見学会 and シンポジウムを実施

12/3,12/4の両日に、清水町および帯広市での現地見学会・シンポジウムを実施しました。

12/3の初日の現地見学会は、(株)バイオファームの農産物貯蔵庫、鞄y谷特殊農機具製作所のアイスシェルター、コープさっぽろのメガソーラー、自然氷利用カーリング場を順番に見学しました。

メガソーラ アイスシェルター

気持ち良い“十勝晴れ”のなか、それぞれの施設の担当の方から説明していただき、十勝地方特有の気候を生かした自然エネルギー活用の実践について学びました。

シンポジウム

翌12/4には、帯広畜産大学総合研究棟にてシンポジウムを開催しました。下記の4件の報告があり、活発な議論が行われました。

最後に帯畜大学内および帯広農業高校内の凍土利用実験施設を見学し解散しました。

【シンポジウムプログラム】
「永久凍土と食品保存」
     土谷富士夫(帯広畜産大名誉教授・(株)ズコーシャ)
「アイスシェルターの現状と可能性」
     木村 賢人(帯広畜産大)
「コープさっぽろの取り組み」
     野坂卓見((株)エネコープ)
「福島の帰還困難区域の放射線量2016」
    藤本和徳(道立総合研究機構フェロー)
posted by 事務局 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ